独立・起業 HOME > 経理・経営ノウハウ
  経理&経営のノウハウ  


役員報酬の種類 (1) - 定期同額給与
役員報酬は、原則として「定期同額給与」で支払うことが決められています。この定期同額給与の意味、ルールなどについて、詳しく解説いたします。

役員報酬の種類 (2) - 事前確定給与
役員報酬の支払い方法には、定期同額給与のほかに、「事前確定給与」というものがあります。定義や実際の使い方等について解説いたします。

役員報酬の決め方
役員報酬の金額は、いくらにすればよいのか?筆者が実際に会社を運営してみて、気づいたこと、感じたことをお伝えします。

「業務主宰役員給与の損金不算入」の制度は廃止されました
世間から不評を買った「業務主宰役員給与の損金不算入」の制度は、平成22年に廃止されました。

社会保険料の処理・仕訳のコツ (1) - 翌月徴収・翌月納付
社会保険料の(役員・従業員からの)徴収時期について解説いたします。会社設立をお考えの方、設立後であっても疑問に感じられている方は、是非ご覧ください。

社会保険料の処理・仕訳のコツ (2) - 当月徴収・翌月納付
社会保険料は、「当月徴収・翌月納付」も認められています。その根拠について詳しく解説いたします。

福利厚生費を使って節税!
「福利厚生費」は、会社にとって経費となるだけでなく、恩恵を受ける従業員&役員にとっても非課税(所得税非課税)となるものです。是非活用したいですね。

福利厚生費で節税 (1) - 通勤手当
通勤手当(通勤費)は、一定限度額までは所得税が非課税となります。ここでは、非課税となるための条件、仕訳方法等を解説いたします。

福利厚生費で節税 (2) - 慰安旅行 (社員旅行)
社員への福利厚生として慰安旅行(社員旅行)を実施する場合、一定の要件を満たせば、会社負担分については「福利厚生費」」として費用に計上できます。

福利厚生費で節税 (3) - 食事代 (食事補助)
社員への福利厚生として食事代を補助する場合、一定の条件をクリアすれば、会社の福利厚生費として計上でき、また社員(所得税)の課税対象にもなりません。

福利厚生費で節税 (4) - 慶弔見舞金
慶弔見舞金を支給することにより、従業員の勤労意欲の維持・向上が図られるとともに、費用計上することにより節税の効果も得られます。

福利厚生費で節税 (5) - 健康診断の費用
健康診断の費用を福利厚生費として処理するためには、いくつかの要件を満たす必要があります。他にも色々とヒントを書きましたので、参考になさってみてください。

決算対策で節税 (1) - 未払費用を拾い出して節税!
会社の営業外の経費は、支払いが確定しているものについては、未払計上することができます。拾えるものは漏れなく拾い出して、節税しましょう。

決算対策で節税 (2) - 社会保険料を未払計上する
本ページでは、「会社負担分の社会保険料」で節税する方法をご紹介します。これは基本的な会計処理ですので、ここは漏らさず、忘れず、ガッチリ実施したいところです。

決算対策で節税 (3) - 固定資産税を未払計上する
固定資産税をはじめとする「賦課課税方式の租税」の損金算入時期についてご説明します。分割納付を選択されている場合は、是非ご覧ください。

決算対策で節税 (4) - 短期前払費用を活用する
前払費用のうち、1年以内に期間が終了する「短期前払費用」を活用して節税をしてみましょう。経理の簡略化にも役立ちます。

資産を経費にできる金額は?(一括償却資産、少額減価償却資産の特例)
30万円未満までの少額資産なら、特例を使って税金面でトクをすることができます。経費計上と固定資産計上の区分、課税対象の有無などについて確認してみましょう。

年末調整のポイント (1)
本ページでは、「年末調整の定義」、「年末調整の対象者」、「年末調整を行う時期」について詳しく解説いたしました。

年末調整のポイント (2)
本ページでは、「年末調整の際に必要な書類」、「年末調整の計算手順」、「年末調整では処理できない控除」について解説いたしました。

書類の保存期間について 「帳簿書類(税務・経理) 編」
帳簿書類(会計書類)などの保存期間についてまとめました。法人税法&会社法上の保存期間のほか、税務調査時の対応、書類の保存方法についても解説しています。

書類の保存期間について 「人事・労務関係書類 編」
人事・労務関係書類について解説しました。賃金台帳、健康保険・厚生年金保険に関する書類、労働保険・労働安全衛生法(健康診断)に関する書類など。



a




a